前へ
次へ

レンタル携帯では通信費が必要経費になります

現代のビジネスのやり方にはある大きな特徴があります。それはビジネスに利用する備品など全てをレンタルで賄うということです。会社は何でもかんでもレンタルで済ませようとします。それには大きな理由が隠されていました。いったいどのような理由で会社は全てをレンタルで済ませようとしているのでしょうか。それはレンタルにすることによって、 それが大きな節税対策に繋がるからです。全ての必要なものをレンタルで調達することで、その支払い金額が必要経費だと認められるのです。つまり会社を維持するために必要な経費だとみなされるので、それで法律上税制の優遇措置が受けられるということになります。携帯電話も例外ではありません。昔は携帯電話といえば、社員一人ひとりが個別に購入するというのが常識でした。今ではその状態が大幅に変わってきています。今の時代はレンタル携帯を利用する時代です。会社はレンタル携帯を社員に貸し与えて大きな利益を上げることができています。大会社になれば社員の数が、当たり前ですが大変多いです。その膨大な数の社員の一人ひとりにレンタル携帯を貸し与えるのです。レンタル携帯は当たり前ですが毎月月末に支払いをしなければなりません。その費用は全社的に見れば莫大な金額になります。その莫大な通信費がすべて会社を運営するための必要経費であるとみなされればどうでしょうか。そのぶん全てが 税金の支払い対象から控除されるということになります。このような事情で今の日本では携帯電話に関してはレンタル携帯を利用するのが当たり前の状態となっています。 特に海外に多くの支店網を持つような大会社では、レンタル携帯にするメリットは計り知れません。世界各地に支店を持つような大会社では、通信方法としては携帯レンタルを使うのがベストの選択肢です。それには理由が隠されていました。その一番大きなメリットは通話料金が格安であるということにあります。通話料金が格安なので社員たちは安心して会社の仕事ができます。ついでに日本に残している家族へ電話をすることもできます。こちらも同じように格安料金で通信できます。これらの全ての費用が会社の必要経費であるとみなされるわけです。

Page Top