前へ
次へ

レンタル携帯がどんどんと普及してきました

一昔前の状況を考えてみると、携帯電話は自分で購入してそれを保有するのが当たり前のことでした。 今のようにレンタル携帯を活用するような人たちはごく少数派でした。昔も、レンタル携帯というのはありましたが、それを利用する人たちは大変少なかったです。今ではまるで雨後の筍のようにレンタル携帯を利用する人たちが増えてきています。それには大きな理由が隠されていました。会社が組織ぐるみでレンタル携帯を利用することを推奨しているからです。なぜ会社は組織ぐるみでレンタル携帯をこのように利用することを推奨しているのでしょうか。それは会社の税金対策に繋がるからです。会社で利用する携帯電話を全てレンタル携帯にすれば、そのメリットは計り知れません。レンタル携帯にすれば当たり前ですがレンタル料金を毎月支払わなければなりません。その通信費は莫大な金額となります。ですがそれらをすべてレンタルにすることができれば事情が変わってきます。全てレンタルすることにより、それらの費用が会社の必要経費であるとみなされるからです。一人一人の社員の使う通信費は少額であるとしても、それが全社にまたがるとすれば、それは大変な金額となります。例えば社員の数が5000人を超すような大企業では、その通品費は膨大となります。この膨大な通信費がすべて税金の控除の対象となるとすればどうでしょうか。会社にとって、これほどありがたいことはありません。今のビジネスでは電話連絡が命であるということができます。それも出先から自由に連絡ができる携帯電話に利があります。そうであれば会社のやることは一つです。社員たちにレンタル携帯を貸し与えるという手段です。実際日本の大手の会社などは、この方式で膨大な税金の節約をしています。これからもこのような状況は当分続くのではないでしょうか。より便利な携帯レンタルを提供するような会社もどんどん増えてきています。できるだけサービスの良い、料金の安い所を選びたいものです。そうすることによって会社の利益もさらに倍増すること請け合いです。

Page Top